総合建設業・建築会社向け見積ソフト見積WINGの開発・サポート

発注WING

発注WING機能紹介

建設業向け発注・原価管理ソフト 「発注WING」

発注WING V2は建設業向け発注・原価管理ソフトの決定版です!!

実行予算の作成(予算データは見積WINGから連動・取込可能)から注文書の作成、工事原価の入力、工事進捗、工事台帳印刷まで一気通貫で管理が可能です。

発注WINGの概要・特徴

 

見積WINGと発注WINGの連動により受注工事の実行予算をスムーズに作成し、その後の業者別注文書の作成、支払管理、経費・間接費の入力を行い、工事台帳発行、工事完了報告までの流れを一気通貫で行うことが出来るようになります。

画面構成

 

予算進捗を確認する予算シート、注文履歴を確認する注文リストシート、取引先ごとの発注・支払状況を確認する取引先シートの3つのシート構成で個別の工事管理をわかりやすく行うことが可能です。

集計機能により、部門単位の工事集計も可能です。

実行予算シート

 

実行予算の作成はエクセル感覚でスプレッドシートにて入力可能。また見積WINGからの連動によりワンタッチで予算を作成出来ます。

実行予算からの注文・支払入力、また支払見込みによる最終原価のシュミレーションなど一通りの工事情報をシート表示でわかりやすく管理します。

注文書作成画面

 

予算明細を利用して各工種ごとに協力業者さんへの注文書を発行することが可能です。予算金額を確認しながら発行できるので赤字工事を未然に防ぐことが出来ます。

支払入力

発注履歴をもとに、その注文に対して取引先からの請求書が来た際にその情報を登録することで、現場ごとの支払履歴を登録し工事原価を把握することが可能となります。

支払履歴を入力すればリアルタイムに予算明細に転記され、予算通りに工事が進捗しているかどうかも把握することが可能となります。

また、発注履歴にも同時に支払額が表示されて、注文書ごとの出来高を確認することが可能となります。

出来高入力は複数回に分ける場合でも対応可能で上限はありません。

工事別取引先一覧

注文書の発行、注文内支払、雑支払いなどを行うと自動的に裏側のシートにて取引先別の集計シートが作成されます。

注文に応じての支払入力のため、過払いなどをチェック、また予算通り工事が進捗しているかも確認が出来ます。

WINGシリーズ全体イメージ

WINGシリーズには見積WING、発注WING、案件WING、WING-Managerというそれぞれの業務でパッケージが分かれています。

それらを複合的に活用することで、業務のシームレスな連携が可能となり、業務負担軽減やペーパーレス化を実現することが出来るようになります。

必要スペック

 

CPU:インテルCore i3以上
O S:Windows 7 / Windows 8 / Windows10 (32bit・64bit)日本語版
メモリー:1GB以上のRAM
H D:1GB以上の空き容量のあるハードディスク
グラフィック:16bit以上のカラー表示が可能なディスプレイ
モニター:1024×768以上の画面解像度(1366×768以上のワイドモニター推奨)

 

 

TEL 096-237-7556

PAGETOP